時代に応じたリーダーシップ理論の変遷について

リーダーシップ年表

近頃よく耳にする“リーダーシップ”という言葉。今回はこのリーダーシップがどのような流れで発展進化を遂げてきたのかについてお話します。リーダーシップの変遷を見ていくと『特性論』『行動論』『条件適応論』『カリスマ型/変革型』『多様な理論の出現』の6つの流れを見て取ることができます。

 

リーダーシップ論の変容とその時代背景

リーダーシップの考え方として1950年代頃まで主流であったのは、『特性論』です。『特性論』とは、優れた資質を持ち合わせた偉人こそがリーダーと成り得る、リーダーは作られるものではなく生まれながら持つ特質である、という考え方です。

 

その考えを打ち破る形で1940年代頃から出てきた『行動論』。リーダーシップは行動であり技術である。したがって習得できるという考え方です。これにより今日のようにリーダーシップを研修などで学ぶようになりました。

 

ここまでのリーダーシップ論はあくまでリーダーの行動特性のみに注目していましたが、1960年代頃より『条件適応論』と呼ばれる、リーダーシップは状況に応じて取るべきスタイルが異なるという考えが登場しました。『行動論』でとらえたリーダーが組織を牽引したからといって、必ずしも好業績を残すわけではない。であるならば、リーダーシップを解明するにはリーダーの行動特性だけでなく、何らかの追加条件が必要なのではないかと研究者の間で考え始められたのです。

 

1980年代1990年代より『カリスマ型、変革型リーダーシップ』の考え方が登場しました。リーダーシップとは組織の変革を促すためにカリスマ的行動をとること、ビジョンを示し目標を達成していくことであると考えられました。『カリスマ型、変革型リーダーシップ』が登場した背景には、将来のビジョンを描いて部下を牽引するマネジメントが求められるようになったことが挙げられます。なぜなら、経済の停滞によって競争環境が激変、既成ルーティン通りに部下をマネジメントするだけでは満足な業績が出せなくなったからです。

 

2000年頃から変革型をベースとしつつ、リーダーとフォロワーとの関係性を重視する考え方が広まり、そこから発展していく考え方として『多様な理論の出現』が見受けられます。これは1990年代半ば以降に広がった、リソース・ベースド・ビューやコア・コンピタンスの中でも「人」と「組織文化」に帰着する強さこそが最も模倣困難なものであるという認識が影響しているといえるのではないでしょうか。

 

 

今回はざっくりとリーダーシップの変遷について紹介致しましたが、次週からは各論について、そこに含まれる論文や理論などを紹介していきます。

 

画像のPDF版はこちら:リーダーシップ年表

 

当記事執筆担当:曽我部

 

■参考文献、サイト

 

■編集履歴

年表のサーバントリーダーシップが発表された年次に誤りが有りましたので訂正しました。(2016.4.23)