リーダーシップ現象研究の紹介 その1『特性論』

先週『リーダーシップの変遷』として、リーダーシップがどのような流れで発展進化を遂げてきたのかについて紹介しました(『リーダーシップの変遷』記事はこちら:http://learnaboutleadership.com/2016/03/21/changesinleadership/)今回はリーダーシップ現象研究の始まりとも言える『特性論』にフォーカスし、リーダーシップ現象研究が『特性論』としてどのように整理されていったのか、また『特性論』に分類させる諸理論と、それら理論が現代のリーダーシップ現象研究とどのようにつながり、影響しているのかについて紹介します。

 

『特性論』とは?

 『特性論』とは、1950年頃まで主流とされたリーダーシップ現象研究です。「優れた資質を持ち合わせた偉人こそがリーダーと成り得る」「リーダーは作られるものではなく、生まれながら持つ特質である」という考え方で、生来的な特性、資質などの観点からリーダーの要件を調査したものです。

 

『特性論』の歴史と代表論

 歴史を遡っていくと紀元前375年プラトンの国家論に『特性論』のようなリーダーついての考え、「英知を持ったリーダーが国を治めよ」(哲人理論)を見つけることができます。また、君主論にてマキャベリが論じた「権謀術数に長けたリーダー像が望ましい」も『特性論』の考え方です。

 

『特性論』におけるリーダーの資質についての研究として代表的なものには、1930年代の『ストッグディルの特性論』があります。アメリカの心理学者であった彼は、リーダーのもつ特性、あるいはリーダーシップと高い相関関係がある特性として、「公正」「正直」「誠実」「思慮深さ」「公平」「機敏」「独創性」「忍耐」「自信」「攻撃性」「適応性」「ユーモアの感覚」「社交性」「頼もしさ」をあげていますが、それぞれの特性の定義、測定、因果関係ははっきりせず、どれもリーダーとして成功するための必然的資質を発見するまでには至っていません。事実後年ストッグディル自身も『特性論』の限界を自ら宣言しています。

 

『特性論』と今

 現在、『特性論』のみでリーダーシップを語る研究者はいません。しかし、現代においても多くの人の認識として「カリスマ的な資質を持った人間が取るものである」というある種『特性論』のような考え方は根強く残っています。また、近年カリスマ型リーダーシップなどに関連し再度リーダーの特性に注目が集まっていることからも、『特性論』が全く価値を失ったのではないとする考えがあることも事実です。

 

今回はリーダーシップの変遷から『特性論』を紹介しました。次回は現在リーダーシップを私たちが学ぶことにできるようになった理由とも言える『行動論』について紹介します。

 

当記事執筆担当:曽我部

 

■参考文献、サイト