【海外記事】今週のリーダーシップニュース (2016/4/23~4/29)

weeklyleadershipnews

 

今週の【海外記事】リーダーシップニュースを紹介します。

 

1.「どの学部が最高のリーダーを生むか」
Which Degree Will Make You A Better Leader?
DDIにより最近の調査では、MBA卒よりも人文科学部卒の方がコミュニケーション能力、成果を促す力などに長けていることがわかりました。8つの調査項目のうちどの学部卒がどのような能力に長けているのかを表で表しています。

 

2.「文化ごとのリーダーシップの特徴」
Leadership Across Cultures
HBRの5月号で紹介されている、文化ごとのリーダーシップ特徴が記事で紹介されています。アドバイスの項目では、各文化圏で働くリーダーへのアドバイスとその文化圏から来るリーダーと働く際のアドバイスが記載されています。

 

3.「リーダーシップの強みはいつ強みで無くなるか」
When Is a Strength Not a Strength?
研修などで良く考えさせられるリーダーシップの強みは、過去の成功体験に裏付けされていることが多く、職場環境や時代背景が変わるとその強みが当てはまらなくなり、あだとなることがある。それを避けるためにも得意なリーダーシップスタイルを発揮する背景を意識し、常に不得意なリーダーシップも磨く必要があると伝えています。

 

4.「デザインリーダーシップの5つのトレンド」
5 Key Trends In Design Leadership
GEが本社をボストンに移動することが決まり、移動する800名のうち600名がデザイナーや開発者であり、デザインが会社における重要なポジションであることを物語っています。記事ではデザイン思考を推進する重要性とともに5つのトレンドを紹介しています。

 

5.「メンタープログラムを社内に導入する理由」
5 Reasons for Formalizing Your Mentoring Program
会計に関わるウェブサイトでの記事ですが、社内にメンター制度を導入する必要性を伝えています。競争が激しい人材市場において、社内におけるメンター制度の導入は人材の社外流出を防ぐだけでなく、様々なメリットがあると紹介しています。

 

今週の【英語】リーダーシップニュースは以上です。

 

当記事執筆担当:菱山

【国内記事】今週のリーダーシップニュース (2016/4/23~4/29)

weeklyleadershipnews

今週の【国内記事】リーダーシップニュースを紹介します。

 

1.「EQが高い人材を採用するためにすべきこと、やってはいけないこと

リーダーにEQ(心の知能指数)が重要だと言われていますが、そのスキルを保有している人材が不足しているのが現状です。それに伴い、HBRの記事ではEQが高い人を採用する際に、気をつけるべき点を紹介しています。

 

2.「錦織圭を育てたコーチが見た「天才という病」

リーダーシップに直接触れていませんが、最近ニュースになることが多いアスリートの不祥事。幼少時から天才ともてはやされる彼らにどのような教育を施すべきか錦織圭をコーチした粕井氏が伝えています。

 

3. 「熊本地震に「不謹慎叩き」が蔓延する真の理由

記事では、昨今話題になっている芸能人による不倫や、熊本地震に絡めた発言を直接被害を受けていない第三者による制裁が起こる理由を伝えている。

 

4. 「スタートアップを失敗に導く「リーダーのあり方」2タイプ

アメリカで増えているユニコーン企業だが、多くが満足のいく収益をあげていないそう。その失敗を招いているリーダーシップスタイルを2つ記事では紹介している。

 

今週の【国内記事】リーダーシップニュースは以上です。

 

記事執筆担当:菱山

【海外記事】今週のリーダーシップニュース (2016/4/16~4/22)

weeklyleadershipnews

今週の【海外記事】リーダーシップニュースを紹介します。

 

1.「最も勇敢なリーダーがいる国はどこか」
The Countries with the Boldest Business Leaders
360度フィードバックを7万5千人以上のビジネスリーダーからデータを集めた結果、勇敢さとその他のリーダーシップスキルが比例することが多く、ほとんどの場合に勇敢なリーダーは優秀であることがわかった。その上で勇敢なリーダーが多い地域、国を紹介している。

 

2.「ビル・キャンベルに学ぶリーダーシップアドバイス」
Silicon Valley legend Bill Campbell has died — here is some of his best leadership advice
ビル・キャンベルが先日亡くなってしまいましたが、彼から学ぶリーダーシップアドバイスを紹介しています。
「素晴らしい商品が成功を導く、その他は支柱に過ぎない」
「会社内で統一された原則で商品開発を行うべき」等、様々なアドバイスが記載されています。

 

3.「変革型リーダーは従業員の健康を犠牲に企業成績をあげている」
Transformational Leadership Benefits The Workplace At The Expense Of Workers’ Health
155名とその上司を3年間におよぶ調査で、変革型リーダーは従業員に求めるレベルが高いことから、企業成績はあげながらも、一部の従業員の病欠が増え、健康を害しているのではないかと調査で判明した。

 

4.「【動画】リーダーになるために見たい4つのTEDトーク」
4 TED Talks To Become A True Leader
英語学習として話題となることが多いTEDトークですが、ビジネスよりの話題も多くあがります。中でもビジネスリーダーに向けた4つのTEDトークが紹介されています。
今週の【英語】リーダーシップニュースは以上です。

 

当記事執筆担当:菱山

【国内記事】今週のリーダーシップニュース (2016/4/16~4/22)

weeklyleadershipnews

今週の【国内記事】リーダーシップニュースを紹介します。

 

1.「異動の季節に考える「リーダー論」 ~セオリーなし、リスク取って自ら動け~

日本では管理職になって初めて自ら考え、的確な指示を出すことが要求される事が多く、管理職になった際に困らないように常に考え、何が最適化模索することが重要だと説いています。

 

2.「出世に大差!上司を攻略する「4つの視点」

会社を4つのパターンに分解し、更に上司と自分の相性もリーダーシップスタイルを考慮し4つに分解することで上司を攻略するための方法を紹介しています。

 

3.「「真田丸」登場武将のリーダーシップを現代の尺度で評価する

NHKドラマ真田丸から状況適応型リーダーシップをあてはめ、個々の個性を見た上でその人に合わせてリーダーシップを発揮することを説いています。

 

4.「「PDCAですべてを解決できる」は大きな幻想だ

PDCAはよくビジネスで使われる用語ですが、記事ではいくらPDCAを回してももぐらたたきでしか無く、解決する意味がある問題を見つける重要性を説いています。

 

5.「人望のある人は「不機嫌」を切り離している

不機嫌になってしまう人は、自己評価が低いことが多く、認めてもらいたいと他人に期待をしており、その反対に常に上機嫌な人は腰を低くし、建設的で前向きな意見を言うと紹介されています。

 

今週の【国内記事】リーダーシップニュースは以上です。

 

記事執筆担当:菱山

【海外記事】今週のリーダーシップニュース (2016/4/9~4/15)

weeklyleadershipnews

 

今週の【海外記事】リーダーシップニュースをお伝えします。

 

1.「リーダーシップは自分で学べる」

Leadership is a quality that you can teach yourself
学校では、教員の指示通りに従っていればいい成績が取れたが、社会に出ると明確な指示が無いことの方が多い。学校から社会に適応するにはリーダーシップを自分から磨くしかなく、そのためには、与えられたタスクが会社にどのように関係しているか考え、小さな点でも改善点を伝え、自信を養い、最終的には自分が決断した内容について聞かれることが多くなるので、討議スキルを養うべきと記事では紹介している。

 

2.「リーダーシップ開発は多くの実験を通して学べる」
Leadership Development Should Focus on Experiments
アメリカでは企業内のリーダーシップ開発に多額のお金が投入されていますが、最近ではその費用対効果を疑問視する見方も増えてきており、新しいリーダーシップ開発方法が注目されています。それは会社が抱えている課題を明示し、幹部候補に実際のビジネス課題を実験的に解決してみるという方法で詳しい内容が記事で紹介されています。

 

3.「100人のビジネスリーダーがモルモットになったら何が起こるか?」
What happens when 100 business leaders become lab rats?
ウォートン・スクールが三年間かけ研究した内容を本にまとめており、それが紹介されています。内容としては、様々なビジネスリーダーをチームに分け、2週間の業務シミュレーションを実施し、機能するチームとそうでないチームの特徴が書かれているそうです。

 

4.「大統領選挙に学ぶ6つのリーダーシップ」
Six Leadership Lessons From The Presidential Campaign Trail
現在アメリカで大統領選挙が行われていますが、その大統領選挙から6つのリーダーシップ要素が紹介されています。細かく計画し油断をしない、実務経験があるアドバイザーを見つける、早い段階から差別化する、自分の支持者を把握する等です。実社会でも共通する内容が記事では詳しく書かれています。

 

5.「リーダーになるには、社内政治も活用せよ」
Great Leaders Embrace Office Politics
リーダーシップの内容よりも出世に関わる話しですが、結局出世を決定するのは自分の上司や人事なので、必死に働いていれば報われるとは思わず、しっかり上司や人事にアピールをすべきということが紹介されています。

 

今週の【英語】リーダーシップニュースは以上です。

当記事執筆担当:菱山