【海外記事】今週のリーダーシップニュース (2016/4/9~4/15)

weeklyleadershipnews

 

今週の【海外記事】リーダーシップニュースをお伝えします。

 

1.「リーダーシップは自分で学べる」

Leadership is a quality that you can teach yourself
学校では、教員の指示通りに従っていればいい成績が取れたが、社会に出ると明確な指示が無いことの方が多い。学校から社会に適応するにはリーダーシップを自分から磨くしかなく、そのためには、与えられたタスクが会社にどのように関係しているか考え、小さな点でも改善点を伝え、自信を養い、最終的には自分が決断した内容について聞かれることが多くなるので、討議スキルを養うべきと記事では紹介している。

 

2.「リーダーシップ開発は多くの実験を通して学べる」
Leadership Development Should Focus on Experiments
アメリカでは企業内のリーダーシップ開発に多額のお金が投入されていますが、最近ではその費用対効果を疑問視する見方も増えてきており、新しいリーダーシップ開発方法が注目されています。それは会社が抱えている課題を明示し、幹部候補に実際のビジネス課題を実験的に解決してみるという方法で詳しい内容が記事で紹介されています。

 

3.「100人のビジネスリーダーがモルモットになったら何が起こるか?」
What happens when 100 business leaders become lab rats?
ウォートン・スクールが三年間かけ研究した内容を本にまとめており、それが紹介されています。内容としては、様々なビジネスリーダーをチームに分け、2週間の業務シミュレーションを実施し、機能するチームとそうでないチームの特徴が書かれているそうです。

 

4.「大統領選挙に学ぶ6つのリーダーシップ」
Six Leadership Lessons From The Presidential Campaign Trail
現在アメリカで大統領選挙が行われていますが、その大統領選挙から6つのリーダーシップ要素が紹介されています。細かく計画し油断をしない、実務経験があるアドバイザーを見つける、早い段階から差別化する、自分の支持者を把握する等です。実社会でも共通する内容が記事では詳しく書かれています。

 

5.「リーダーになるには、社内政治も活用せよ」
Great Leaders Embrace Office Politics
リーダーシップの内容よりも出世に関わる話しですが、結局出世を決定するのは自分の上司や人事なので、必死に働いていれば報われるとは思わず、しっかり上司や人事にアピールをすべきということが紹介されています。

 

今週の【英語】リーダーシップニュースは以上です。

当記事執筆担当:菱山