リーダーシップ現象研究 その5『2000年頃からのリーダーシップ現象研究』

前回はリーダーシップの変遷から『カリスマ的/変革型リーダーシップ』を紹介しました。(リーダーシップ現象研究 その4『カリスマ的/変革型リーダーシップ』はこちら:http://learnaboutleadership.com/2016/04/18/charismatic-transformational/)2000年頃からのリーダーシップ現象研究は、複雑化する社会と共に多様な展開を遂げてきました。今回はリーダーシップ現象研究の紹介その5ということで、その多様に展開するリーダーシップ現象研究の中から、メジャーな4つの現象研究をピックアップし、ご紹介します。

 

 

『サーバント・リーダーシップ』とは?

 『サーバント・リーダーシップ』は1970年代にロバート・K・グリーンリーフが提唱した理論です。近年この理論が再び注目されている背景には、社会的不安や腐敗から、

リーダーに倫理的な信頼感を求めたいという風潮が高まったことが挙げられています。桜美林大学大学院、博士後期課程の劉 炳燮さんは、自らの論文で『サーバント・リーダーシップ』は、リーダーである人はまず相手に奉仕しその後、相手を導くものである、というリーダーシップ哲学で、リーダーシップを「やり方」というスキルではなく、組織 内の人と人との信頼関係に基づくリーダーシップの「あり方」、リーダーたる者の「人間力」に焦点をあてた理論(経営哲学)であると論じています。

 

 

『シェアード・リーダーシップ』とは?

 『シェアード・リーダーシップ』とは、各人に権限を与え、それぞれの専門分野でリーダーとしての役割を担う機会を提供することで組織内のすべての人材の能力を最大限に引き出すことです。グローバル市場の拡大、業界再編、相次ぐ組織の合併といった動きが活発化し、これまで以上にダイナミックな柔軟性や幅広い知識ベースとノウハウが求められる中で、その複雑なニーズに対するソリューションのひとつとされています。なお、考え方としては昔からあるとも言われます。David Sally(2002)の研究によると、ローマ共和国が4世紀続いた背景にはco-leadership(シェアード・リーダーシップの類義語)が根付いていたことが関係するとされています。

 

 

『EQリーダーシップ』とは?

EQ(Emotional Intelligence Quotient、心の知能指数)を提唱した、ダニエル・ゴールマンが論じたリーダーシップ現象研究です。彼はEQと企業の業績の相関関係を突き止め、EQとリーダーシップとの相関関係を確認しました。彼は、リーダーシップには異なる6つのスタイル;強圧型リーダー、権威主義型リーダー、親和型リーダー、民主主義型リーダー、先導型リーダー、コーチ型リーダーが有り、そのそれぞれが異なる「こころの知能指数」(EQ)を基盤にしているとしました。また、最高の結果を出しているリーダーは一種類のリーダーシップ・スタイルにだけ頼っておらず、状況に応じて6種類のスタイルの大半を絶えず使っているとしています。

 

 

『オーセンティック・リーダーシップ』とは?

 英語のオーセンティックは「真正の」「本物の」「信ずべき」などと和訳され、オーセンティック・リーダーシップも文字どおり「真正のリーダーシップ」と訳されます。2000年代初頭から広く知られるようになった『オーセンティック・リーダーシップ』、提唱者の1人とされるのは、メドトロニック社の元CEO ビル・ジョージです。彼が主張する新しいリーダーの特性には、以下の5つ;自らの目的をしっかり理解している、しっかりした価値観に基づいて行動する、真心を込めてリードする、しっかりした人間関係を築く、しっかり自己を律する、が挙げられています。また、『オーセンティック・リーダーシップ』は発揮する人間が、その私生活も含めた人生の中で自ら高めていくことができるとされており、これもまた1つの特徴とされます。事実、日本でも『オーセンティック・リーダーシップ』を育成する研修が多く行われています。

 

 

5週間にわたって様々なリーダーシップ現象研究を紹介し、今週は最近注目されている4つのリーダーシップ現象研究を紹介しました。近年はこの他にも、たくさんの新たなリーダーシップ現象研究が研究・発表されています。これは複雑化する社会の中で多様なリーダーシップが求められていることが大きな要因と言えるでしょう。言い換えるなら、求められるリーダーシップを考えることで、社会の流れを考えることにも繋がるということではないでしょうか。Learn About Leadershipでは、国内外のリーダーシップに関するニュースまとめも発信しているので、ニュースをフォローしつつ、リーダーシップから社会の流れを考えるのも面白いかもしれません。

 

 

■参考文献、サイト

  • “サーバントリーダーシップとは”, NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会, http://www.servantleader.jp/about_greenleaf.html, (参照 2016-4-24)
  • 劉 炳燮, “サーバント・リーダーシップの諸理論と事例研究”, http://www.ibunkakeiei.com/s-board/data/f114_00.pdf, (参照 2016-4-27)
  • Marshall Goldsmith,“リーダーシップの共有が組織と人を強くする”, Harvard Business Review, http://www.dhbr.net/articles/-/2131, (参照 2016-4-24)
  • Michael D. Kocolowski, “Shared Leadership: Is it Time for a Change?”, 『EMEGENCY LEADERSHIP JOURNEYS』, 3 Iss. 1, 2010, pp. 22-32, 2010, http://www.regent.edu/acad/global/publications/elj/vol3iss1/Kocolowski_ELJV3I1_pp22-32.pdf, (参照 2016-4-27)
  • “EQリーダーシップ 成功する人の「心の知能指数」”, https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&ved=0ahUKEwjlk77fwajMAhXGjJQKHdDlDkgQFggoMAE&url=http%3A%2F%2Fwww.ki-dousen.net%2Fdocs%2Fcontent%2F1240&usg=AFQjCNGGxUeRcmlVXu_tT5Lm4Uz5t_FYog&sig2=uKjhtWMLM_1HvaC-XW1zVw, (参照 2016-4-24)
  • “「EQリーダーシップ」を読んで” https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=4&ved=0ahUKEwjlk77fwajMAhXGjJQKHdDlDkgQFgg0MAM&url=http%3A%2F%2Fmike-shimada.blog.so-net.ne.jp%2F2012-02-03-1&usg=AFQjCNEyes-q076_1G6kKTbmA5sRYTQcDw&sig2=HbYJPHaKKGgiN8hMngV7vQ, (参照 2016-4-24)
  • “MBA経営辞書「オーセンティック・リーダーシップ」”, GLOBIS知見録, http://globis.jp/article/2062, (参照 2016-4-24)
  • グロービス経営大学院『新版MBAリーダーシップ』, ダイヤモンド社, https://books.google.co.jp/books?id=ViFlAwAAQBAJ&pg=PT81&lpg=PT81&dq=オーセンティックリーダーシップ&source=bl&ots=K0cKtwgI-3&sig=fIi-f9bvaBmMWAj8nJbviinFqKY&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjzv9_PkKfMAhXCIKYKHRNzAZMQ6AEIWjAJ#v=onepage&q=オーセンティックリーダーシップ&f=false, (参照 2016-4-24)