【海外記事】今週のリーダーシップニュース (2016/6/11~6/24)

weeklyleadershipnews

今週の【海外記事】のリーダーシップニュースを紹介します。

 

1.「ネガティブフィードバックよりやる気をそぐゼロフィードバック」
Don’t forget the follow-up conversation
お互いのリーダーシップや成果を伸ばすためにフィードバックはよく使われますが、記事ではギャラップ社の調査により、ポジティブフィードバックが一番やる気を高め、ネガティブフィードバックもポジティブには劣るがやる気を向上させるが、フィードバックしないとやる気が飛躍的に落ちると紹介している。

 

2.「リーダーシップを左右する6つのテクノロジートレンド」
6 Tech Trends That Will Rock Leadership
時代とともにどのようなリーダーシップ能力が求められるかは変わっていきますが、記事では6つのテクノロジートレンドに合わせ、今後どのようなリーダーシップが必要になりそうか述べている。

 

3.「スーパーボスの調査で見えたスーパーボスの3つのスタイルとは」
How Superbosses Can Transform Your Talent Strategy
記事では、多くのリーダーを輩出するボスのことをスーパーボスと命名し、その調査を行った。そこで、3つのスーパーボスの特徴を発見し、記事で紹介している。

 

4.「マネージャーとリーダーは違うのか?」
Do Managers and Leaders Really Do Different Things?
よくリーダーシップとマネジメントはどう違うのか?といった記事を見ることが多いが、HBRでは行動に至る意識や理由が違うだけで実際に取っている行動は同じかかなり類似しているのではないかと記事で紹介している。

 

今週の【英語】リーダーシップニュースは以上です。

当記事執筆担当:菱山

【国内記事】今週のリーダーシップニュース (2016/5/28~6/10)

weeklyleadershipnews

今週の【国内記事】リーダーシップニュースを紹介します。

 

1.「中竹竜二が語る リーダーにいま必要な条件

日本ラグビーフットボール協会 コーチングディレクターである中竹氏が語るリーダーに必要な能力フォロワーシップ。サーバント・リーダーシップに似たまわりを動かすために発揮するリーダーシップのことを話しており、記事では具体例も取り上げています。

 

2.「頼られるリーダーは「9割冷酷、1割優しい」

マキアヴェリが書いた「君主論」から引用し、現在にも通じうるリーダーシップ論を伝えています。

 

3.「安倍首相も実践していたリーダーシップの3原則

「一貫性」、「組織的準備」、「好感度」の3つを取り上げながら、菅元首相と安倍首相の違いをかなり詳しく振り返りながら伝えている。

 

4.「「キングダム」を「PM理論」で分析、プロジェクトにおけるリーダーシップの本質

タイトルで書かれるほど大それた分析は行っていないですが、キングダムというマンガの言葉や登場人物を元にPM理論の解説を行っています。

 

5.「成果を上げるリーダーはなぜ状況に合わせられるのか?

ケン・ブランチャード博士が書いた「新1分間リーダーシップ」を紹介しています。記事にはそこまで情報がのっていないのですが、本に「状況対応型リーダー」の必要性、「目標設定、診断、マッチング」の3つのスキルの使い分け、並びに「指示型」、「コーチ型」、「支援型」、「委任型」の4つのリーダーシップスタイルの使い分けについて書かれています。

 

6.「「好奇心」がリーダーシップにもたらす4つの効果

フォーブスの記事では好奇心がリーダーシップに非常に重要な要素であり、好奇心が能力増幅、イノベーション、成長等に効果があると伝えています。

 

7.「東南アジア企業の最優先事項はリーダーシップ、デロイト調査

世界130ヵ国で7,000人を超える企業幹部、人事担当者を対象にした動向調査「グローバル・ヒューマン・キャピタル・トレンド報告」にて、東南アジアでは97%が「リーダーシップ」と再優先事項として選ばれました。

 

今週の【国内記事】リーダーシップニュースは以上です。

記事執筆担当:菱山

【海外記事】今週のリーダーシップニュース (2016/5/28~6/10)

weeklyleadershipnews

今週の【海外記事】のリーダーシップニュースを紹介します。

 

1.「最近出てきたリーダーシップスタイルのレビュー」
“The Pros and Cons Of New Unconventional Leadership Styles”
オーセンティックリーダーシップなど、個性を活かしたリーダーシップがもてはやされるようになり、リーダーシップスタイルも旧来の考え方から増えてきました。記事では4つを紹介しながら、それぞれの良い点悪い点を伝えています。

 

2.「職場でリーダーシップスキルを簡単に伸ばす4つの方法」
“4 easy ways anyone can start developing leadership skills at work”
71%の社員が転職する際に、その理由を職場のリーダーシップ開発資源の不足と答えるそうですが、記事ではリーダーシップ開発は自分からも可能で、その方法を紹介しています。チームをより知ろうとする、チームメンバーを手伝う、イニシアチブを取る等です。

 

3.「なぜウソがもっとも重要なリーダーシップスキルか」
“Why Deception Is Probably the Single Most Important Leadership Skill”
リーダーと言えば、透明性や正直であることが重要だとよく言われるが、記事では人をやる気にさせるには、部下に強く期待していることを表したり、現実にそう思っていなくともウソをつかないといけない時があることを紹介し、様々なウソによるメリットを伝えています。

 

4.「リンカーンが戦争に勝つためにリーダーシップを変える必要があった」
“To Win the Civil War, Lincoln Had to Change His Leadership”
アメリカを代表するリーダーの1人であるリンカーンは、古い慣習に迎合せず、自らのビジョンを達成するために自身のリーダーシップスタイルを変えて戦争に勝った話を紹介しています。

 

5.「内向型リーダーと外向型リーダーはどちらが良いのか?」
“Introvert Leaders Vs Extrovert Leaders: Review of Leadership Styles”
結論から言うとどちらでも無いのですが、内向型リーダーは外向型のメンバーと組むと職場成果が向上した研究結果があり、リーダーシップスタイルには正解が無く、内向的でも外向的でも組織のメンバーや状況に応じた対応が必要であると紹介している。

 

今週の【英語】リーダーシップニュースは以上です。

当記事執筆担当:菱山