【国内記事】今週のリーダーシップニュース (2016/9/17~9/23)

weeklyleadershipnews今週の【国内記事】リーダーシップニュースを紹介します。

1.「初対面でも話を引き出すNHKアナの秘密

コミュニケーションにおいて、”聞く”ことの大切さをNHKのアナウンサーを例に紹介しています。話し手が何を伝えようとしているのか、意識して日常生活を過ごしてみると良いかもしれません。

2.「勉強しても日本人の英語ができない根本原因

話す、聞くの教育の大切さを、アメリカと比較しながら紹介しています。

英語教育を積極的に行うことは重要ではありますが、それ以前に日本語で”話す””聞く”の教育を当たり前ではなく、徹底的にやる必要はありそうです。今後、実践型授業の導入の推進に拍車がかかりそうです。

3.「結構すごい、浦安市少子化対策の全貌

浦安市長のリーダーシップを発揮した例を紹介します。

“先頭に立って決断する”このようなリーダーシップを発揮できる人が日本に増えると良いですね。小さな一歩がいつ間にか大きな一歩になる、日常生活で意識していきたいものです。

今週の【国内記事】リーダーシップニュースは以上です。

記事執筆担当:西

【海外記事】今週のリーダーシップニュース (2016/9/17~9/23)

weeklyleadershipnews

今週の【海外記事】のリーダーシップニュースを紹介します。

1.「科学が教えてくれるリーダーシップポテンシャル」
What Science Tells Us About Leadership Potential
HBRの記事では、リーダーシップについて解明されてきた様々な調査結果を紹介しています。30%の社員しか仕事にやる気が無く、80%が上司を信頼していないという結果があるなかで、リーダーシップになりやすい性格要素などが書かれています。

2.「感染する良いリーダーシップと悪いリーダーシップ」
The Contagious Effect Of Good And Bad Leaders
記事では、上司、部下、そして更にその部下の関わり度合いに応じて上司のリーダーシップスタイルがどこまで部下、そして更にその部下のリーダーシップスタイルに影響を与えるか調査しています。結果として関わり度合いが高ければ高いほど大きく影響を与える結果になったと紹介しています。

3.「素晴らしいリーダーと良いリーダーの違い」
The Difference Between Good Leaders and Great Ones
記事では、実際の違いよりも素晴らしいリーダーには推進力があり、良いリーダーには指針や方向性を示す能力があると定義し、それぞれの重要性を示しています。

4.「自分のリーダーシップのミスを部下のせいにするな」
Stop Blaming Your Employees For Your Leadership Mistakes
ビジネスシーンにおいて上司は部下のミスの責任を負うべきという話しはよく耳にしますが、なかなか実践の場で目にすることはありません。当たり前の話しながらこのような記事ではしっかりと自分で責任があると更に自分の上司、並びに部下にもコミュニケーションを取るべきと伝えています。

今週の【英語】リーダーシップニュースは以上です。

当記事執筆担当:菱山

【海外記事】今週のリーダーシップニュース (2016/9/9~9/16)

weeklyleadershipnews

今週の【海外記事】のリーダーシップニュースを紹介します。

1.「リーダーシップ開発で伸びる人、伸びない人」
The Danger Of Making Average Your Goal
記事では、360度フィードバックを行ったあとの比較にて、能力が下がった人はもともと能力が高く評価され、維持した人は平均的、あがった人は能力値が低かったことが紹介されています。これは能力が高いと評価された人は努力の必要性を感じず、逆に数値が下がる結果になったそうです。全体に対する能力開発を期待する際には、全員に対し能力値の最高水準を目指すことをしっかり伝えることが大切です。

 

2.「フィールドホッケーに持ち込まれた新しいリーダーシップ手法」
Fresh perspective, new leadership guide field hockey
新しいコーチがある学校のフィールドホッケー部に着任し、最初に取り組んだことはキャプテン制の廃止と、リーダーシップ協議会の設立でした。25の行動が書かれた紙に最もその行動を体現していると思う人を全員が記入し、リーダーシップ協議会のメンバーが決められます。こうすることにより様々な性格のリーダーが合わさり協議することが可能になるそうです。

 

3.「頻繁に起こしてしまうリーダーシップの間違い」
One common mistake leaders make
管理職になり部下を抱えると、部下からどのように問題に対処すべきか相談されるケースは多いと思います。相談された際に答えを伝えてしまうと、部下はそれを習慣化してしまい、問題が起こるたびに相談してくるでしょう。これを回避するために記事では相談者に質問でどのようにすべきかを質問し、行動させることをすすめています。

 

4.「親子のような管理型リーダーシップスタイルから脱却するには」
5 Signs That You’ve Fallen Into The Trap Of Parent-Child Leadership
記事では、最近の企業におけるリーダーシップの流れが管理型から、しっかりと大人同士のやりとりとなるよう改変が起こっていることを紹介し、親子のようなリーダーシップスタイルを紹介しています。「なぜ」と聞くことをタブー視する、評価は上司しか行わない、情報を制限して共有する、全て自分で行ってしまう等があげられています。
今週の【英語】リーダーシップニュースは以上です。

当記事執筆担当:菱山

【国内記事】今週のリーダーシップニュース (2016/9/9~9/16)

weeklyleadershipnews

今週の【国内記事】リーダーシップニュースを紹介します。

今回はリーダーシップニュースを西が担当します。

初回の投稿ということもあり、期間を絞らず幅広く紹介記事を選びました。

1.「魂の男闘莉王が見せたJ1残留へのラストピースの可能性」

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=18776

スポーツにおいて技術や役職関係なくリーダーシップを発揮した一例です。果たして、リーダーシップには経験がいるのでしょうか。経験が信頼に繋がるのであれば、若者だけではなく、多くの経験をしてきた大人たちもリーダーシップを共通認識として持つ必要はあると思います。

2.「フォロワーシップとは何か」

http://allabout.co.jp/gm/gc/427158/

 この記事では、リーダーシップとフォロワーシップの不可分性を説明しています。フォロワーにも発揮するべきリーダーシップがあり、リーダーにも発揮するべきフォロワーシップがある。つまり根底には、一人のメンバーが役職関係なく、率先垂範”” 同僚支援を行うということがありますね。

3.「プロジェクトワークにおけるリーダーシップ」

http://allabout.co.jp/gm/gc/423998/

 この記事では、リーダーが成果をあげるために意識するべき3つのポイントが挙げられています。プロジェクトリーダーだけはなく、メンバー各々がこれらを意識できると更に良いですね。3つ目の危機意識に対しては、学校の授業において大変重要な要素であると思います。何かリスクを背負うだけでも、プロジェクトに関わる姿勢は変わるはずです。

4.「リーダーシップ力がわかる10の質問」

http://allabout.co.jp/gm/gc/378394/

 この記事は、自分のリーダーシップ力の確認に使えます。足りてない部分もわかるので意識して改善、行動できます。「リーダーシップとは、管理職のためだけにあるのではなく、一人一人の自発性の中にあるものです。」自分が履修している早稲田の授業においても、管理職を目指す教育ではなく、まず初めに非管理職のリーダーシップを共通認識として持たせる必要がありそうです。

今週の【国内記事】リーダーシップニュースは以上です。

記事執筆担当:西

【海外記事】今週のリーダーシップニュース (2016/7/16~9/9)②

weeklyleadershipnews

今週の【海外記事】のリーダーシップニュースを紹介します。

 

1.「男女によってフィードバックの受け取り方がちがう」
The Gender Gap in Feedback and Self-Perception
HBRの記事では、男女によって、フィードバックの受け取り方が違い、男性は他者からのフィードバックを受けてもあまり自己評価を修正せず、女性は他者のフィードバックを受け、すぐに自分の評価を変える傾向があることがわかりました。

 

2.「段階的なリーダーシップ向上への道は何か?」
What Is The Path For Leadership Maturity?
この記事では、リーダーシップ習熟フレームワークと呼ばれる職場における段階ごとの意識の違いを洗い出し、各段階に応じてどのような行動が見られるか紹介しています。

 

3.「自分自身のリーダーシップ開発コーチになるには」
How To Be Your Own Leadership Development Coach
記事では、自分の性格を理解すること、自分のリーダーシップスタイルを見つけること、多様な意見を聞くこと、自分の倫理観を知る等が紹介されています。

 

4.「昇進をせずに若手にリーダーシップ経験をつませるには」
How To Give Leadership To Millennials Without A Promotion
リーダーシップは肩書を持って発揮するものではなく、役職に関係なく発揮できるものです。記事では会社の改善したい要素ごとの”サークル“を作ることにより、その中で若手のリーダーシップ人材を養成する取り組みを紹介しています。

 

5.「フォードのメンター制度はメンターにも学びがある」
Mentoring Is a Two-Way Street at Ford
多くの企業ではメンター制度や類似の制度が存在しますが、フォードでは古くからメンター制度を取り入れており、メンター自身も後輩のサポートや育成を行うことで成長していくことが求められていると記事では伝えています。

 

今週の【英語】リーダーシップニュースは以上です。

当記事執筆担当:菱山