【海外記事】今週のリーダーシップニュース (2016/7/16~9/9)①

weeklyleadershipnews

今週の【海外記事】のリーダーシップニュースを紹介します。

期間をあけての更新になってしまったので、2回に分けて投稿します。

 

1.「性格は変えられるのか?」
Can Personality Be Changed?
誰しもがもっと社交的になりたいであったり性格的な不満を抱えているものです。最近の調査ではしっかりと達成可能なゴールを設定することで、毎月特定能力の数値が向上したことが伝えられています。しかし、注意すべき点は変化の度合いは大きくなく、日々の積み重ねが大事だとのことです。

 

2.「才能か勤勉さか:なぜ勤勉さの方が重要か」
Talent vs. Hard Work: Why Focus on Hard Work
こちらは直接リーダーシップの話ではないのですが、親が子供に接する際に宿題やテストの結果をほめるのではなく、好成績を残した努力を褒めたほうが良いということを伝えています。

 

3.「人気があるリーダーは必ずしも正しくない」
Why Popular Bosses Aren’t Always Great Leaders
多くの賛同を得た意見や決定であれば、正しいものと考えてしまいがちです。これはリーダーシップにも当てはまるでしょう。記事では二つの事例を紹介しながら民衆の支持を受けていながら正しい行いをするリーダーとそうではない行動をするリーダーを紹介しています。リーダーシップを発揮する際には、多くの賛同を意識するだけで無く、本当に正しいおこないかも考える必要があることを伝えています。

 

4.「リーダーシップ研修の効果測定を行う方法」
A Quick Survey Can Produce Long-lasting Leadership Results
記事では多くの企業が研修の効果測定を行わず盲目的に実施していることを注意した上で、リーダーシップ研修を実施する際に行うべき事前準備や事後測定を簡単にまとめています。

 

5.「組織の疫病:あなたの組織は大丈夫か」
The Organizational Epidemic: Is Your Herd Immune?
記事ではリーダーシップ開発を組織で行う際には、最低でも30%のマネージャーに行わないと意味がないと伝えており、リーダーシップ開発を行いしっかりサポートしてくれる上司がいる社員はリーダーシップ能力が向上したと感じている調査も書かれています。

 

今週の【英語】リーダーシップニュースは以上です。

当記事執筆担当:菱山