【海外記事】今週のリーダーシップニュース (2016/9/24~9/30)

weeklyleadershipnews
今週の【海外記事】のリーダーシップニュースを紹介します。

 

1.「リーダーシップに関する脳科学的調査が開始」
ASU professor maps brain signatures of ‘bad’ bosses
アリゾナ州立大学において、リーダーシップに関して脳科学も含めた調査が開始しました。最初として倫理的設問を調査した上で、設問の回答に応じて通常状態の脳の活動領域がどのように違うかの研究を行いはじめたそうです。

 

2.「リーダーは今後科学者のようになる」
Leaders Must Now Think Like Scientists
記事では、今までのリーダーは他業種や類似事例等多くのサンプルの中から自社に見合ったケースを元に行動を決めることが可能だったが、変化が早い現代においてはそれは不可能です。なので、科学者のように反証してくれるような人を近くにおく、仮説をたてて行動する、多くの実験を行う、経験から学ぶという行動を推奨しています。

 

3.「子供のリーダーシップを鍛えるには」
Five ways to prepare children for leadership
記事では、5つの接し方を意識することで、幼少期からリーダーシップを養成できると伝えています。それは、問題が発生した際にどうしたら良いか聞く、塗り絵より絵を描くことを重視、複数の解決策を考えさせる、まわりと同じことよりも違ったことをやらせる、なぜまわりを気にするのか聞く、等があげられています。

 

4.「通常の出世街道からはずれたリーダーを識別するには」
Identifying Leaders Who Could Bypass the Typical Promotion Path
筆者がシスコ時代にCEO候補者に全く名があがっていなかった人がなぜ、CEOになったのかを説明しています。外部の定量調査機関をもちい、他者の類似ポジションと比較した際の能力を算出、ならびに社内におけるインタビュー調査を多く行うことで、候補者の数値化を行い、実際に適任候補を見つけることができたとのことです。

 

5.「リーダーシップを枯渇させる行動」
3 Surefire Ways To Bankrupt Your Leadership
フォーブズの記事では、逆転の発想でリーダーシップを枯渇させる行動が紹介されています。人手不足の解消のために悪い人材を採用する、会社にマッチしていない人材を首にしない、個人の評価をしっかりと行わない、という3つの行動があげられています。

今週の【英語】リーダーシップニュースは以上です。

当記事執筆担当:菱山