【海外記事】今週のリーダーシップニュース (2016/11/5~11/11)

weeklyleadershipnews

今週の【海外記事】のリーダーシップニュースを紹介します。

1.「フラットな環境下でのリーダーシップ発揮はどのような傾向があるか?」
What is the Nature of Leadership in Flat Organizations?
リーダーシップに関する記事の多くが企業環境を想定したものが多いですが、今回の記事はフラットな職場において自然発生的なリーダーシップはどのように発揮されるかを研究しています。特徴としては、フラットな組織では、リーダーシップを発揮する人は幅広く存在し、状況に応じて変化します。高い頻度でリーダーシップを発揮する人は、組織に対する所属意識が高いことが分かり、所属意識を高める研修は効果があるのではないかと仮説が述べられています。

 

2.「社員の見えない貢献を見える化するには」
Measuring Your Employees’ Invisible Forms of Influence
HBRの記事では、社員同士の影響度合いを見える化するための取組を紹介しています。社員同士で「いいね」を送りあえるソフトウェアのデータと、メール等のコミュニケーションデータを調査したところ、まわりから多くの「いいね」を集めているメンバーは、社員間のハブとなっていることが多く、社内ネットワークが広いことがわかりました。更に、その中でも会社にとってより貢献している社員は、していない社員と比べ、週に4時間多く社内のやりとりを行い、製品やエンジニアとのやりとりが多いことがわかりました。

 

3.「リーダーが戦略立案に集中するためには」
How Leaders Can Focus on the Big Picture
最近ではマイクロマネジメント(細かい点にまで注意をする)をするのは良くないというのが定説ですが、記事ではそれがあまりにも行き過ぎているのではないかと警鐘を鳴らしています。部下が自発的に業務を行うには、最低限の方向性などの指針が必要で、記事では最低限抑えるべきポイントが記されています。

 

4.「ハワード・シュルツに学ぶリーダーシップ」
A Leadership Lesson From Howard Schultz
スターバックスのCEOとして有名なハワード・シュルツですが、彼は最初からスターバックスで働いていたわけではありません。彼が粘り強く説得を続けたことで、自分の未来を自分自身で作り上げて行きました。記事ではその話しを紹介しながら自分が信じていることを追いかけ続ける重要性を伝えています。

 

5.「意識的にリーダーシップスキルを伸ばす4つの方法」
Four Steps To Developing Conscious Leadership Skills
記事では、リーダーシップの伸ばし方について紹介しています。自分の現状を把握する、自信を持って挑戦できる環境を整備する、自分自身の軸からブレない、まわりも真似するように行動する、といった方法があげられています。

 

今週の【英語】リーダーシップニュースは以上です。

当記事執筆担当:菱山