【海外記事】今週のリーダーシップニュース (2016/11/19~11/25)

weeklyleadershipnews

今週の【海外記事】のリーダーシップニュースを紹介します。

 

1.「カリスマ型リーダーが悪影響をもたらす時」
When Charismatic Leadership Goes Too Far
HBRの記事では、カリスマ型リーダーシップは多くの企業人から求められる能力で、なにか遂行しようとする際に自分自身を強く信じてくれる部下の存在は頼もしいものだと伝えながら、カリスマ型リーダーシップが強くなりすぎた際のデメリットをフェーズごとに伝えています。

 

2.「ITに関わる人のリーダーシップ条件とは」
IT leadership tenets: How to become a relationship-driven CIO
ITに特化する必要性がなく全般に適用可能な記事だと思いますが、オーセンティック、情報を共有する、弱みを見せるといった要素が紹介されています。

 

3.「MBA学生のリーダーシップの学びを見える化するアプリを開発」
This Tech Entrepreneur Is Using Big Data Analytics To Boost MBAs’ Leadership Skills
互いにコンピテンシーごとのフィードバックを送り合うことで、職場でも教室内でも自身のリーダーシップ能力を見える化する試みがはじまっています。リーダーシップ開発に対する費用対効果に納得感が無い企業が多い中で、今後このようなサービスが増えると思います。

 

4.「脳の力を最大化する運動することの重要性」
The Link Between Exercise And Boosting Brainpower
欧米では、業務前にジムに通ったり、スマートウォッチが健康管理をしたり、忙しい業務時間の中でも健康を維持する重要性が広く知られています。記事ではマネジメント層は日常的に運動をすることで脳の活性化し、目標設定や重要な判断をするのを手助けすると伝えています。

 

今週の【英語】リーダーシップニュースは以上です。

当記事執筆担当:菱山